おさはち&その仲間たちのBlogです。
バラの話題を中心に、楽しもう!
僕たちはVeryHappy←(概ね)
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
葉に潜る虫について
番頭でございます m(_ _)m
最近の”こまったちゃん”は、葉に潜る虫虫
ハモグリバエと思っていましたが、チビタマムシ?
みたいです。
 DSC_0437.JPG
他の虫と異なって残念ながら、ニームでは効果がないようです。

放置していると成虫となって葉から出ていきますがその後は
カサブタのようになります。
DSC_0438.JPG
出来るだけ農薬は少なくしたいのですが、”手でつぶす”以外に
有効な無農薬対策は見つかりませんでした。
ただし、オルトラン(顆粒)はとてもよく効きますよ
少し撒いただけで、すっかり改善しました。


気を取り直して
やる気満タンのブラッシュノアゼット
DSC_0439.JPG
ブラッシュノアゼットには自動摘蕾調整装置搭載です
大量につぼみがついてもある程度落ちてしまいます
「ツボミが落ちで残念ガーンネコ」なんて思わないでくださいね
最適な状態に自動で摘蕾をしてくれているんですよ感謝


緋織
DSC_0423.JPG
プレニーよりダマスク香が強く、良い香りで素敵なのですが
ちょっと気難しいです。
番頭的には「わがまま」な所もかわいいのですが・・・


 
邪悪なC
 番頭でございます m(_ _)m

バラを栽培する人にとって、コガネムシの幼虫といえば、憎むべき敵!
今回は、”邪悪なC”(←形から)対策を検討してみました

【現象】

急な落葉や株元のぐらつきが見られます
何故か?大事にしているバラを狙われているような気がします。


持ち上げてみると”スッポ!

こんなことになってます。根が全然ありません


ん?よく見ると何かが動いている!

やはり、奴ら”邪悪なC”の仕業です
一鉢に大量にいることもありますよ
クリックで挿入自粛(どうしても見たい人はクリック)



【結果】
対策を比較実験してみました(番頭の個人的な実験です)

お勧めはオルトランEXですが、邪悪なCが大きくなりすぎた場合
少し効きが弱いような気がしました
しかし、手軽さや他の害虫への対策を考慮するとNo1だと思います
ダイアジノンは流石によく効きますが、専用薬で汎用性に欠けます

スミチオンは臭いが・・・ダメ
番頭が大好きなニームも今回は効きませんでした。


薬剤以外で効果的な方法は物理的に親のコガネムシが産卵できないように
する方法しか今のところ見つかっていません
何かいい方法ないかな?

ところで、捕まえた邪悪なCの処分方法は専門書をご参照ください
専門書 これ P104あたり
ロザリアン2.jpg
ハダニ

番頭でございます m(_ _)m
8月に入り夏本番
とても暑い日が続いていますので、お体には
ご注意してください

さて、夏の困り物として、バラに関しては
なんと言っても「ハダニ」


被害を受けた葉 かすれた様になってます


写真はないのですが、大発生時には、
蜘蛛の糸のようなもので葉が覆われます


対策としては
【薬剤】殺ダニ剤
有名どころは
    ニッソラン 卵
    コロマイト ALL
    オサダン 成虫
*ニッソランはに関して
バラには適応がありませんので、使用できないよ        
             参照ニッソランの
農薬登録情報で検索してください

欠点として,ハダニは耐性を持ちやすく、1シーズンに
同系統の薬剤は使用できません


【その他】
でも、バッチリな方法が!
葉の裏に水をかけます
「えぇ!これだけ?」
そうなんですよ
これだけで、対策がほぼ完成です
安い、安全、簡単

真夏なら、うどん粉病や黒点病も大人しく
なっているので、ガンガンぬらしても大丈夫
直ぐに乾くしね


コツ
…一番に行なうと葉の温度が高くないので
葉やけをある程度予防できます

おためしください 

あぁ、怖かった!!!
   ← よ〜く見てください!


花がらが付いたまんまとか
もぅ、そんなことは
どーでもいいんです

奥の方に徳利がぶら下がっているのが
見つけられますか?


そうです、蜂の巣です;;;
しかも、スズメバチ


先週に気が付いて
本日、ようやく駆除してもらいました

もちろん、業者さんにお願いしました


 見るだけで、恐怖で指先が冷たくなる


とても良い業者さんで
駆除した巣と鉢を見せてくださいました

今年は
春先が冷え込んだからか、雨が多いからか
例年より巣作りが遅くて
今がスズメバチの巣作りシーズン
なのだそうです

バラにはたくさんの虫が付くので
それを狙う蜂もブンブンやってくるんですね

みなさん、気をつけましょうね
わたしも気をつけます!
わたしもバラしちゃう^^

携帯より

もう終わってるつもりでいたら
まだ綺麗に咲いていました 

カメラ、持って出勤すべきだった


今日の話題はズバリ! ゾウムシです
フレグランスさんが 『バラゾウの正体バラソー』くぅ〜、粋なタイトルです
って記事をお書きになっていたでしょう?


わたしも、おさはちさんに教えてもらって撮っていたので
ちゃっかり便乗したいとおもいます




ゾウムシに“プチッ”と、やられたつぼみを開いてみると。。。
いるんですよー
にっくき、ゾウムシベビーが!



黒いのは糞だそうです。。。
つぼみの中を食べて大きくなっているようです

と、言うことは。。。
“ゾウムシは食べた穴じゃなくって、タマゴを産んだ穴だから
 殺虫剤は効かない”
と、思っていたけど

オルトランのような浸透移行性剤(薬がかかった所から殺虫成分が広がっていくタイプ)には
幼虫に効果があるはずですね^^

バラゾウベビーがいなくなる
 
次のお花のゾウムシの害が減る

と、言うことかなぁ





番頭さん
おいしそうなサンドイッチでしたねー
関西の“勝手にサンドイッチ当番”に任命いたします

そうそう
随分前にこんな会話が。。。

丁稚 : 「能ある鷹は爪を隠すっていいますよねー」
おさはち : 「うんうん。
       オレも隠してるでー
       クルックー  あっ、ハトやったわ
丁稚 : ┐( -"-)┌

てな事がありました。。。

店主がハトですからねー;;;
番頭さんはツバメにしとく?
あーあ、わたしはスズメかなー

ゴマダラ星人
番頭でございます m(__)m 
ベルイシス元気になってほしいですね
写真ではカミキリ虫ではないように見えますね
なんだか’根’に問題があるような?
コガネ、未醗酵有機物、熱?とかですかね

さて、今回の犯人ではないかもしれませんがカミキリ虫について書いてみました

ゴマダラカミキリ(胡麻斑髪切)

自主規制、クリックで表示
 【概要】
バラ好きにはとても嫌われる害虫
成虫も食害を出しますが、幼虫(テッポウ虫)による株元への被害で
大切なバラが枯れた人も多いのでは

バラ以外にもみかん、イチジク、カエデなどにも被害を出します
幼虫の期間は食べている木によって1〜2年と差があるようです
バラでは1年だそうです


【対策】
産卵期(秋まで産卵しますが最も多いのは6−8月)
この時期に退治すれば、比較的に被害が少なくてすみます
数年育てて大きくなった株が狙われます。
特にツル、半ツルなどで株元が大きくなりやすい物ほど狙われるようです

また、成虫による食害がみられると要注意です
確実に親は来ていますからね


薬剤
卵から孵った幼虫はしばらく樹皮表面近くにいるので薬剤も良く効きます
狙われそうな株元へオルトランを多めに蒔いてます
これが結構効きますよ
心配な人は、株下にスミチオンを塗ると更に予防が出来るようです
早期対策のタイミングは今ですよ!!



*僕は行いませんが、金網などで物理的に産卵を防いでいる方もいるようです


産卵期以外の対策

オガクズが株元に出ていると幼虫は、ある程度大きくなっています
成長にしたがって根の方向へ移動しますので、オガクズの穴から下方向に向けて
スミチオンなどの殺虫剤を注射器などで注入します。
専用薬なら、スプレータイプの物があるようです
*園芸用以外は×


または、針金などで引きずりだして殺します。

自主規制 かなり気持ち悪いですよ




【未確認】
試していませんがこんなのあります
http://www.idemitsu.co.jp/agri/biseibutsu/vaiorisa/index.html






【次回予告】

次回は、このバラの話(^O^)

葉はカラカラ、枝はシワシワ
 お昼休みに花壇を見回り。。。



かわいい、かわいい^^






ふんふん♪  てくてく♪


 んっ!?


ありゃりゃ!?   






    えぇ〜  




枝もシワシワ


どうしてこのコ(ベルイシス)だけ水切れ!?
葉っぱを引っ張った時、取れにくかったから水切れですよね?
それに、水やり忘れた時の症状に似てるし。。。





でも、周りはピンピン

んん〜???
急にシワシワって、、、、


もしかして、カミキリムシ? おがくずは?



         





オガクズは、わたしが焦って掘ったせいもあって解らない
うぅ〜

でも、この株元が黒いのは何なんだ!?
暑かったの?
雨の後の晴天で、蒸しバラになっちゃった!?

それとも、やっぱりカミキリ!?






でも、わたしの予想は蒸しバラ。。。
雨で水分を多く含んだ水が、
気温の上昇と、アスファルト、コンクリートの熱でアチアチになっちゃったんだ
ベルイシスのこの場所、西日も強いしすぐそこはコンクリートだもん。。。


とりあえず、カミキリムシのスプレーを
明日の朝一で“シュー”っとしてみよう
穴が見つからなくたって、穴っぽいところをめがけたら
止めを刺せなくっても、ちょっとは弱るでしょう。。。



それからはいじくりません

わたしは丁稚ですからね
そんなに技術を持ち合わせていません^^;
下手すると、弱り目に祟り目になってしまう;;;


そうっと様子をみて
でも、周りのコンクリートに水を撒くぐらいはしてみようかな?


うぅ
がんばれ、ベルイシス!