おさはち&その仲間たちのBlogです。
バラの話題を中心に、楽しもう!
僕たちはVeryHappy←(概ね)
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 葉はカラカラ、枝はシワシワ | main | 番頭さんへ >>
ゴマダラ星人
番頭でございます m(__)m 
ベルイシス元気になってほしいですね
写真ではカミキリ虫ではないように見えますね
なんだか’根’に問題があるような?
コガネ、未醗酵有機物、熱?とかですかね

さて、今回の犯人ではないかもしれませんがカミキリ虫について書いてみました

ゴマダラカミキリ(胡麻斑髪切)

自主規制、クリックで表示
 【概要】
バラ好きにはとても嫌われる害虫
成虫も食害を出しますが、幼虫(テッポウ虫)による株元への被害で
大切なバラが枯れた人も多いのでは

バラ以外にもみかん、イチジク、カエデなどにも被害を出します
幼虫の期間は食べている木によって1〜2年と差があるようです
バラでは1年だそうです


【対策】
産卵期(秋まで産卵しますが最も多いのは6−8月)
この時期に退治すれば、比較的に被害が少なくてすみます
数年育てて大きくなった株が狙われます。
特にツル、半ツルなどで株元が大きくなりやすい物ほど狙われるようです

また、成虫による食害がみられると要注意です
確実に親は来ていますからね


薬剤
卵から孵った幼虫はしばらく樹皮表面近くにいるので薬剤も良く効きます
狙われそうな株元へオルトランを多めに蒔いてます
これが結構効きますよ
心配な人は、株下にスミチオンを塗ると更に予防が出来るようです
早期対策のタイミングは今ですよ!!



*僕は行いませんが、金網などで物理的に産卵を防いでいる方もいるようです


産卵期以外の対策

オガクズが株元に出ていると幼虫は、ある程度大きくなっています
成長にしたがって根の方向へ移動しますので、オガクズの穴から下方向に向けて
スミチオンなどの殺虫剤を注射器などで注入します。
専用薬なら、スプレータイプの物があるようです
*園芸用以外は×


または、針金などで引きずりだして殺します。

自主規制 かなり気持ち悪いですよ




【未確認】
試していませんがこんなのあります
http://www.idemitsu.co.jp/agri/biseibutsu/vaiorisa/index.html






【次回予告】

次回は、このバラの話(^O^)