おさはち&その仲間たちのBlogです。
バラの話題を中心に、楽しもう!
僕たちはVeryHappy←(概ね)
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ナエマの切り戻し





ナエマも、花盛りを過ぎました
切り戻しをしたいと思います

おさはちさんによると

 大きな葉っぱの辺りで切る!
 高さを揃える!


ふむぅ。。。。



ナエマは、“びゅーんっ”と元気いっぱい伸びるから
大きな葉っぱがいっぱい
何枚も何段にも渡って付いているから悩むんですけど。。。



そうか、2つ目の
 高さを揃える!









これでどうだっ


この時期はこのくらい切っても
じゃんじゃか伸びるから大丈夫


まっ、こんな方法もあるよ
と、いうくらいに聞き逃して?見逃して?くださいね


楽しく気楽に、バラと遊びましょう♪

ど根性バラ






ん〜〜〜????
なんじゃ、ありゃ〜???

確かにバラに見えたけど。。。。


車で、通った時に
目の端に入って、気になって仕方なかったので
確認しにいきました










おぉ〜、ほぉ〜
確かにバラだわ^^;

気になったので、枝も確認









わかりますか?

ベーサルシュートが、カバーの中に入り込んでいます







あぁ、こんなバラも愛おしい






アウチッ!
 




本屋さんの花壇は、こんな感じです^^;
まあ、メインに写っているメアリーローズは早咲きですけどね

それでも、他の品種も咲きそろってきたので
お客様方に

「今日が満開じゃない? 今日が一番きれい?」
と、よく言われます







まぁ、お茶会の時にはメアリーローズなどの早咲きは終わっているでしょうねぇ
でも、ローラダボー辺りは満開かな?
う〜ん、満開であってほしい。。。

ともあれ、花壇は見頃です
良かったら見に来てください^^
トラップ
 番頭でございます m(_ _)m

今日はトラップのご紹介
と言ってもコガネムシトラップとかではなく
なんと、ロザリアントラップ!(恐ろしいぞ〜)
DSC_1406.JPG
これです。


どこが恐ろしいかを解説すると
このバラは、ライトグリーンの葉が特徴的なラフランスですが
立木ではなく、ツルです。
DSC_1410.JPG
通常、こんなに細枝で編みこむように誘引しても
大輪のツルバラはブラインドが多く発生して花が咲きません
DSC_1408.JPG
しかし、ツルラフランスは、古い血が濃いからでしょうか?
咲いてきます。(ちょっと小ぶりになりますが)
しかも花枝も少しおとなしくなるので、いい感じになるそうです


あの強香の花がオベリスクに撒きつくように咲いて
ロザリアンに香の誘惑!





あとは、すわり心地の良いベンチの横に配置すれば完成!
DSC_1412.JPG
しかも左右からのダブル
肥料タイミング
 番頭でございます m(_ _)m
DSC_1399.JPG
まずはこれを見て!
湯の花みたいな結晶がバラの枝に出来ています

どうも剪定した切り口から
樹液が止まらず、流続けているようです。
DSC_1402.JPG


どうやら、それが固まって結晶化しているみたいですが
原因は、これ
DSC_1404.JPG
肥料が多く、タイミングも調整が必要かも

DSC_1398.JPG

剪定をしたら、枝先から樹液が出ている事があると思いますが
それ自体は悪いことではありません(元気な証拠)

通常すぐに止まりますが
剪定を遅い時期に行って、しかも芽が活動していないのに
肥料を沢山あげると傷口がふさがらなくなり、この現象になるようです
特にNの多いものはお勧めではないです


鉢バラでは
「芽が膨らんで葉が展開してきたら、軽い液肥で様子を見る」
慣れるまでは、芽が動き出すタイミングで肥料をあげるほうが
失敗が少ないと思います。

その後、葉の枚数が増えだして活発になったら
番頭は、BGの赤などの肥料をあげてます。
ただし、ツボミが膨らむころには、切れるように少な目でね
途中で足らない場合は液肥で調整しています

驚かないでね
 番頭でございます m(_ _)m
季節到来を目前に、接ぎ木さんたちも元気のようです

DSC_1388.JPG

おやこんな子がいましたよ
DSC_1392.JPG
葉は今風ですが、棘はとてもクラシカルで不思議なバラですね
おさはちさん作出のツルバラです。 マニア向け?
DSC_1394.JPG

さらに見てみると
おや?何だか変な色の葉が!
DSC_1384.JPG
ほかのバラに比べて明らかに黄色く、ムラがある配色
もしかして病気?栄養不足?

な〜んて 
実は葵さんの葉っぱでした。 
DSC_1385.JPG
ラベンダーピノキオや葵さんは時々このような色目の葉が出ます
中には緑と黄色の混在した葉もあったりしますよ
特に病気ではありません


もし、ラベンダーピノキオや葵さんを育てていて
こんな葉が出ても驚かないでね



春はどこかな?
 


 ↑ 昨日の花壇の様子です
黄色は、春に映える色ですね
新緑にピッタリなのかもしれません







 ↑ これは一昨年の3月30日の花壇の様子。

今年はやはりゆっくりスタートのようですね
いや〜、つぼみが見えた番頭さんが羨ましい







グラミスキャッスルです
今、一番お気に入りです
トゲと新芽の色合いの対比が美しい
うっとりです

どのバラも、今年はまだこんな感じです








茶色かった花壇に
少しずつ色彩がのってきました

土の中から覗き出てくる新芽を見つけるのが
楽しい日課です
きた〜!
 番頭でございます m(_ _)m
今日、自宅の裏庭で発見!(露地です。温室ではありません)

ツボミ

アップすると

いよいよ春です
もうすぐバラの季節到来!
中耕っ!
 IMG_9362.jpg
ミニジャーマンアイリス


せっせと中耕しています

好きなんですよ〜、中耕。
貝を採るときみたいなので、地面を“かいかい”って、掻いてあげます

昨年は土の手入れをさぼっちゃったので
特に気合いが入ってます



IMG_9358.jpg
江原ビオラ



土を足したところは
これから私流に育てていかなくちゃ!


土は、ぬか床と似てるなぁ。。。
と、思っています
ぬか床も、糠と塩以外に色々混ぜてわが家の味に作るでしょ?
土も定期的に手を入れて、色んなものを足して
それに、新しいものよりも
草花を育てたことのある土の方がより良く育つ



IMG_9369.jpg


ここは、土を足さなかった花壇
土色を見比べてください


IMG_9363.jpg
パンジー ボンソワール


安心して任せられる土色^^


で、
土を足しただけの土色

IMG_9367.jpg



で、これが

IMG_9368.jpg


牛フンを足して、“かいかい”と、中耕した後


今回は、新しく乾きやすい土だったので牛フン堆肥を使いましたが
乾きにくい土になっていたら、馬ふんを使います


土を足さなかった場所は、馬ふん堆肥を使おうかな〜〜〜
春なのに〜♪
 



早咲きのクロッカスの咲く春なのに

今頃、せっせと土作り;;;


花壇の土を足しています

なんか減ってきたように感じていたんです
まぁ、もともと浅い花壇だし


それに!
真砂土って、思っていたようリも安いんです
いろいろあるでしょうが
わたしのお願いした業者さんは
軽トラック一杯で、¥5000−!
2杯も頼んじゃいました







土づくりを頑張っていたら
その業者さんが、見かねて一輪車を下さいました^^
ありがたや〜

おかげで大変はかどっています


それにしても、もうすぐ3月!

なぜ焦っているかと言うと
土を足すだけじゃ済まないんです

足したら株が埋まっちゃうので
株を上げないといけないでしょ?
株を上げるのには根を切っちゃうから><


春はとっても楽しみなんだけど
暖かくなるの、もうちょっと待ってくれ〜〜〜








あはは〜、つららです

今年は寒くって助かってます


すぐ近所で撮ったんです

もういっちょ







真砂土の他に
ホワイトローム、馬ふん堆肥、ピートモスをまぜて

こんな感じになっています


より良く育ちますように!







後、軽トラの半分くらいで終わりです
がんばるぞ〜!